top of page

マスカルポーネジェラート

材料


・マスカルポーネ100g

・生クリーム200g

・卵黄2個分(30g)

・グラニュー糖50g~60g

・アマレットリキュール5cc(お好みで何でも良い)


手順


1・マスカルポーネと卵黄、半分量の砂糖をボールに入れ混ぜ合わせフライパンに入れ火にかける


2・卵黄に火が入って固まらない様に注意しながら弱火で混ぜ合わせ続ける

※コツ等はカルボナーラと同じで鍋の火を調節するので無くフライパンを離したり近づけたりする方が楽 


3・最初の状態より少しとろみがついたと感じたら火を止めボールに移しアマレットリキュールを入れた後粗熱を取る


4・生クリームと残りの砂糖を入れ泡立て、七分立のホイップを作る

※この時しっかりとホイップクリームを作ってしまうと食感の良くないジェラートが出来上がってしまうので、滑らかさを意識して作る


5・粗熱が取れたマスカルポーネと生クリームを混ぜ合わせ、保存容器に入れ、冷凍庫に入れる

※この時の容器をそのまま使用して行くのでそのつもりで用意すること


6・3時間毎程度に様子を見、フォーク等で混ぜ合わせ、2、3回程繰り返して完成


補足(用語説明)


マスカルポーネ

マスカルポーネ (mascarpone) は、生クリームに熱を加えクエン酸を加え固め水分を除いて作るフレッシュチーズである。コクと甘みがあり、ほのかにミルクの香りをもつ。固めに泡立てた生クリームに似る。イタリア原産でありティラミスの材料の一つ[1]



アマレットリキュール

アマレット(Amaretto)とは、アーモンドのような香りを持つリキュール。香りがアーモンドに似ているため、原料の中に必ずアーモンドが入っているものと思われがちだが、実際は杏仁杏仁豆腐等にも使われるアンズの核)を使用しているものが主流。Amarettoとはイタリア語で「すこし苦いもの」という意味。

七分立のホイップ

生クリームの七分立てとは
クリームなどのあわ立て具合で、あわ立て器で持ち上げるともったり重たいがツノが立たず、すじが残るくらいの状態です。ケーキに塗る、焼き菓子に添えるクリームがこのくらいのあわ立て具合です。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page